CBD 大麻

知っておきたい!CBDの副作用

大麻草に含まれる成分であるCBDは、健康や美容、精神面にも良い効果があるとして世界的にも話題になっている成分です。

しかし、日本では大麻が違法薬物なのでCBDは大丈夫なのか?使用することで副作用があるのではないか?と心配する人もいるでしょう。

CBD成分は安全な成分と言われていますが、念のために副作用は知っておきたいものです。

そこで、CBDの副作用について詳しく紹介していきます。

CBDは大麻におけるリスクがない成分

CBDの副作用を心配する人の中には、CBDが大麻に含まれている成分ということで副作用などを心配している人もいると思います。

そこで、まずはCBDの安全性について知っておきましょう。

一般的に違法大麻として知られるようなリスクは、CBDの使用では起きません。

CBDにハイになる成分は含まれていない

大麻と言えば、ハイになってしまうことや、錯乱状態に陥るなどという精神作用が強いイメージがあるでしょう。

依存性もあるので、なかなか大麻をやめられないという中毒患者もいるものです。

しかし、大麻のこういった精神作用は、大麻のTHCという成分が引き起こすものです。

THCとCBDはどちらも大麻に含まれますが、構造式が異なることから全く違う作用をします。

そのため、CBDはTHCのように精神への悪影響はないと言われています。

CBDの使用は違法にならない

「大麻=違法」というイメージが強くなっていますが、CBDに関しては使用しても違法にはなりません。

大麻取締法によって禁じられているのは、大麻の葉や花の部分です。

CBDは葉や花の部分以外から搾取されており、合法の成分として製品化されています。

そのため、安心してCBDオイルやCBDリキッドなどは使用できます。

CBDにおける副作用とは

CBDは大麻として知られる精神への悪い影響は起こらず、むしろリラックス効果やストレス緩和効果などで知られる成分です。

鎮痛作用や吐き気の抑制などの効果も期待できることから、海外では医薬品認定もされています。

CBDは植物由来の成分なので、非常に大きな副作用があるというわけではありません。

しかし、副作用が起きないとも言い切れないものです。

そこで、CBDの副作用として起きる可能性のある症状を紹介します。

眠くなってしまう

CBDの効果として、リラックスや疲労緩和、安眠効果などが期待されます。

そのため、CBDを摂取することでリラックス効果や安眠効果によって眠くなってしまう可能性があります。

とくに高濃度のCBDを摂取すれば眠気が起きる可能性も高まるでしょう。

そのため、CBDを摂取して眠くなってしまうという人は、CBD摂取後は運転などを控えるべきです。

しかし、CBDは眠気を覚まして集中力を高める効果もあると言われているので、必ずしも眠くなってしまうとも言えません。

口が乾燥する

CBDの主な副作用として、口が乾燥するということが挙げられます。

ただし、喉がカラカラになってしまい、何度も水を飲みたくなるというほどの乾燥ではありません。

普段よりも口の中が乾燥しているかもしれないと感じる程度でしょう。

これは、唾液を作っている器官の中の受容体にCBDが作用することから口が乾燥すると言われています。

血中濃度が変化する

CBDを摂取すると血中濃度が一時的に上昇して、その後再び血中濃度は低下します。

血中濃度が上昇することで、内服中の薬の投与量を減らさなければいけないようなケースもあります。

そのため、薬を内服しているような場合には、医師に事前に相談しておく必要があります。

また、血中濃度が上がることで、一時的に吐き気や疲労感を感じることがあります。

一時的なものですが、長期に渡って続く場合には病院へ相談してください。

CBDを使用する時に注意したいこと

CBDは世界保健機関(WHO)でも安全であると発表されている成分になるので、基本的には副作用などの心配をする必要はないでしょう。

しかし、CBDを使用するにあたって注意しておきたい点があります。

CBD以外の成分でアレルギーはないか?

CBDはオイルやリキッド、化粧品などさまざまな製品として販売されています。

CBDの副作用ばかりを心配するのではなく、製品に含まれているCBD以外の成分にアレルギーがないかを確認することも大切です。

例えば、CBDオイルであれば他のオイルも配合されているので、アレルギーがある人もいるかもしれません。

事前にアレルギー成分の配合がないか確認してから購入しましょう。

1日の摂取量を守る

良い効果を期待してたくさんの量を一度に摂取する人もいるかもしれませんが、CBDはたくさん摂取しても効果が上がるというわけではありません。

CBDの1日の推奨摂取量は、1~100㎎と言われています。

この量を守りながら、朝・昼・晩などに分けて摂取すれば、より効果的にCBD成分を摂取できるでしょう。

まとめ

CBDは大麻の含有成分といっても、安全と言われている成分です。

副作用が絶対にないとは言えませんが、植物性由来だからこそひどい副作用が起こる心配は低いものです。

摂取量を守りながら効率的にCBDを摂取することが大切なので、自分に合った摂取量や摂取方法を見つけましょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。