CBDを効果的に摂取するアイテム:VAPEとは?

CBDを効果的に摂取するアイテム:VAPEとは?

CBDは、ビタミンCやビタミンEよりも高い抗酸化作用や抗糖化作用があり、お肌の生まれ変わりを促してくれるなどの美容効果や、体内のホルモンバランスや自律神経のバランスが整えられることでの健康効果で注目を集めています。

 

CBDを効率的に摂取するにはVAPEと呼ばれるCBDを気化させて吸って摂取出来るアイテムを使うと良いとされています。

 

今回はCBDを気化させて吸うためのアイテムVAPEについてや、おすすめのVAPEについてお話をさせていただきます。

 

CBDをVAPEで気化させる吸う目的とは?

CBDはCBDオイルと呼ばれる液体を飲む方法で知られていましたが、VAPEの普及によりCBDリキッドを気化させて体内に取り組む方法も一般的になってきました。

 

CBDを気化させて煙として吸い込む目的は、飲むと吸うのでは同じ量のCBDでも摂取効率が段違いだからです。

CBDオイルを飲むより、CBDリキッドを蒸気にして体内に取り入れることで、体内へのCBDの吸収率が150%から400%も違うとされています。

 

同じ量での吸収率に差が出るということは、CBDオイルよりも少ないCBD成分で十分な効果が得られるということであり、コスト面からもCBDリキッドをVAPEで気化させて吸って体内に取り入れる方法を選んでいる方が急増しています。

VAPEとは?リキッドとは?

そもそもVAPEやリキッドとはなにかについて簡単に説明させていただきます。

 

VAPEとは電力でリキッドを蒸気させて蒸気を吸い込みフレーバーを楽しむ機器です。

IQOS(アイコス)やglo(グロー)やプPloom TECH(プルームテック)とは違いタバコ葉は含まれていません。

ニコチンやタールなどの悪い印象を持つ言葉が当てはまらないのがVAPEの特徴です。

 

リキッドとはそのまま直訳して「液体」のことです。

VAPEで気化させる用の液体のことをリキッドと呼んでいます。

香りや味などの種々様々なリキッドが販売されており、このリキッドの中にCBD成分を含ませたものは「CBDリキッド」と呼ばれており、多くの方に愛されています。

CBD専用のVAPEがおすすめ!

VAPEはフレーバーを楽しむものでありCBDだけを楽しむものではありません。

自分好みの温度でリキッドを熱したりして吸引するフレーバーの変化を楽しむ機器です。

 

そのためどこでもかしこでも販売されいるようなVAPEでCBDリキッドを楽しんでも、その効果を十分に発揮するとは言い難いです。

 

VAPEが普及しCBDが世界中で注目を集めている現在では、CBD専用のVAPEが販売されています。

CBDを効率よく摂取するためにVAPEを選択するのであれば、CBD専用のVAPEを利用することをおすすめ致します。

 

安心の日本製品ですと「+WEED(プラスウィード)」などが挙げられます。

 

またCBDリキッドに関しても種々様々存在します。

リキッド内に含まれるCBDの濃度などが違うため、初めての方は濃度の低いものから試していくことをおすすめします。

 

人それぞれ自分に合うCBDの濃度を違いますので濃度が高ければ高いほどいいというものではありませんので注意しましょう。

効率的な吸引方法

CBD専用のVAPEを用意しCBD入りリキッドを手元に用意したら後は吸って吐くだけです。

しかしただ吸って吐けばいいというものではなく、CBDを効率的に摂取する吸い方があります。

 

初めてのVAPEの利用だと難しいと感じる方も多くいますが、CBD入りのリキッドをVAPEで気化して吸う場合には、出来るだけゆっくり長く肺に溜め込んでから、ゆっくり外に吐き出すとCBDの摂取効率が良いとされています。

 

初めは苦手に感じると思いますが、続けていくうちに段々とCBDが体に染み渡りリラックスする感覚になり、ゆっくり長くを自然に繰り返すようになってくると思います。

 

VAPEと聞いてタバコを思い浮かべ依存性が心配になる形もいるかと思いますが、CBDには依存性や乱用性の中毒性はありませので、しばらく利用を継続して自分に合わないと思ったらすぐに辞めることが出来ます。

まとめ

CBDを効率的に摂取するためにVAPEを利用すると良いです。

同じ量のCBD成分でも、飲むより吸う方が摂取効率が高いです。

VAPEにも様々ありますが、CBD入りリキッドを吸うために作られたCBD専用のVAPEを利用することをおすすめします。

またCBDリキッドはCBD配分濃度が低いものから徐々に濃度を上げていき、自分に合う濃度を見つけることをおすすめします。

濃度が高ければ高いほど良いわけではなく自分に合う濃度で利用を継続することが大切です。

 

CBDはニコチンやタールとは違い依存性や中毒性はありません。

CBDを効率的に摂取して美しくなりたい方、健康的になりたい方、リラックスしたい方は是非CBDをお試してしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。