除菌スプレー

次亜塩素酸水が大ブーム。コロナウィルス対策に有効ってほんと?

この記事では、新型コロナウィルスへの有効な対策とされている次亜塩素酸水について解説します。



世界中で流行し多数の死者を出し脅威を振っている新型コロナウィルスへの対策を、皆様はどのように取り組んでいますでしょうか?

まずは、マスクをすることから始めて、外出先からの帰宅時には手洗いうがいを行い、都度の消毒を心がけていらっしゃるのではと思います。

 

「次亜塩素酸水」は殺菌効果が高く、都度の消毒を行う際に「次亜塩素酸水」が含まれる消毒液を利用すると、新型コロナウィルスを死滅させられるのではと言われています。

そのため次亜塩素酸水に関する商品が大人気となっており、次亜塩素酸水に利用した商品がどんどん開発され、飛ぶように売れています。

 

普段の日常の中で次亜塩素酸水を活用するだけで、新型コロナウィルス対策が出来て、新型コロナウィルスに罹ることを予防出来るのなら、今からでも次亜塩素酸水を利用してみても良いかなと思います。

 

そこで、次亜塩素酸水とはどのようなものを調べてみましたので、次亜塩素酸水について分かりやすくお伝えさせていただきます。

そもそも次亜塩素酸水とはどのようなものなのか、安全なのか、ほんとに効果はあるのかなど、次亜塩素酸水に関する気になることを徹底的に解説していきます。

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水の「次亜塩素酸」は食塩水や塩酸を電気分解させて生成されています。

次亜塩素酸を主成分とした水溶液が「次亜塩素酸水」とされています。

 

次亜塩素酸水は、次亜塩素酸の濃度や性質などを調整して様々な用途で使われています。

例えば、プールの除菌や水道水の除菌や食材の除菌などにも利用されています。

 

次亜塩素酸水は除菌力に優れており、厚生労働省が定めるガイドラインのようなものでも、ウィルス対策に次亜塩素酸水を利用すると良いなどと推奨されています。

次亜塩素酸水の安全性について

除菌効果が高くても安全な代物でなければ利用することが出来ません。

次亜塩素酸水の安全性について確認してみました。

 

確認して見て知ったのですが、次亜塩素酸水は、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒液としても利用されています。

乳児が利用するものが、刺激がある製品だったり、危険性があるものだと、お話になりませんよね?

製品化しても刺激性や危険性があるものであれば誰も買いません。

 

赤ちゃんの哺乳瓶にも利用されているということは、次亜塩素酸の安全性を語る上でこれ以上ない安全面を保証するエピソードなのではないでしょうか?

 

次亜塩素酸水は、保育園や幼稚園、介護施設など、どこの施設よりも清潔性が求められる場所で利用されています。

 

もう少し調べて見ると、次亜塩素酸水の「次亜塩素酸」の濃度をあまりにも高めすぎてしまうと安全とは言えないらしいです。

ですが正規に販売されている次亜塩素酸水であれば、品質基準を満たしていますので、そのような心配をしなくても大丈夫です。

 

次亜塩素酸が安全な理由はその性質にあります。

例えば。食材に次亜塩素酸水を利用して洗った場合、食材の蛋白質に反応して食塩に変わる性質があります。

また、次亜塩素酸水で消毒をして、次亜塩素酸水が乾燥すると塩素ガスとして蒸発します。

つまり、次亜塩素酸水は低残留性のため安全性が高いとされています。

次亜塩素酸水の効果について

新型コロナウィルス対策には次亜塩素酸水が良いと言われるようになり、次亜塩素酸水が大ブームです。

次亜塩素酸水はその高い殺菌力から保育園、幼稚園、介護施設などでもウィルスの抑制のために利用されています。

 

次亜塩素酸水の高い殺菌力効果を示すとある実験結果がありますのでご紹介します。

 

その実験では、次亜塩素酸水の他に、一般的な消毒液である「塩化ベンザルコニウム液」と、漂白剤で利用されており高い殺菌力がある「次亜塩素酸ナトリウム液」を比較対象として用いています。

 

種々様々な菌が含まれている溶液に、次亜塩素酸水、塩化ベンザルコニウム液、次亜塩素酸ナトリウム液をそれぞれ加えて、1分後、3分後。5分後に、もともとあった菌がどれくらい死滅するかの研究を実施しました。

 

 

実験開始前の細菌の数は次の表の通りです。

実験開始前

次亜塩素酸水 塩化ベンザルコニウム液 次亜塩素酸ナトリウム液
大腸菌 430万個 430万個 430万個
黄色ブドウ球菌 450万個 450万個 450万個
MRSA 340万個 340万個 340万個
サルモネラ 340万個 340万個 340万個
緑膿菌 160万個 160万個 160万個
レンサ球菌 190万個 190万個 190万個
枯草菌 460万個 460万個 460万個
カンジダ 230万個 230万個 230万個
黒コウジカビ 20万個 20万個 20万個

これだけの細菌が含まれている溶液に、次亜塩素酸水、塩化ベンザルコニウム液、次亜塩素酸ナトリウム液を加えた1分後、細菌の数は次のように減少(死滅)しました。

■実験開始1分後

次亜塩素酸水 塩化ベンザルコニウム液 次亜塩素酸ナトリウム液
大腸菌 0個 0個 0個
黄色ブドウ球菌 0個 0個 0個
MRSA 0個 0個 0個
サルモネラ 0個 0個 0個
緑膿菌 0個 0個 0個
レンサ球菌 0個 0個 0個
枯草菌 37万個 420万個 440万個
カンジダ 0個 2500個 0個
黒コウジカビ 0個 260万個 20万個

 

次亜塩素酸水が他の消毒的よりも高い殺菌効果があることが一目同然ですね。

ちなみに残っている枯草菌も、実験開始から3分後に次亜塩素酸水で完全に死滅しました。

 

新型コロナウィルスに対しても高い殺菌力とウィルスの抑止力を発揮してくれることはまず間違いないのではないでしょうか。

 

最近では、神奈川県の横須賀市が、新型コロナウィルス対策として、次亜塩素酸水の高い殺菌力に着目し、市民に向けて、次亜塩素酸水の配布をしたという事実もあります。

横須賀市だけではなく、その他の自治体も新型コロナウィルス対策のために、次亜塩素酸水を配布しています。

 

自治体からも注目されており、他の消毒液よりも高い殺菌力を示す実験結果があります。

しかも、次亜塩素酸水の性質上、安全性がとても高いので、次亜塩素酸水が新型コロナウィルス対策の必需品として大ブームになっていることに納得がいきますね。

次亜塩素酸水の活用方法

次亜塩素酸水はその性質上とても安全な成分です。

次亜塩素酸水であれば、どこでもどんな場所でも利用していただくことが出来るとされています。

シュッと、次亜塩素酸水を吹きかけるだけですので、誰でも簡単にどんな場所でも消毒を行うことが出来ます。

手の消毒やドアの消毒

一番ポピュラーな活用方法は手の消毒です。

手にはたくさんの細菌がついており、もしも手に、新型コロナウィルスが付着していて、そのまま口や鼻を触ってしまうと、新型コロナウィルスが体内へと侵入してしまいます。

次亜塩素酸水で、手を常に除菌し清潔しておくと安心です。

 

また、人がよく触れる場所も消毒しておきましょう

例えば、あらゆるドア(扉)は常に清潔にしておくと安心です。

家や会社のドアノブや、冷蔵庫のドア、車のドアなどなど。

人が触る場所は、次亜塩素酸水を吹きかけて常に清潔にしておきましょう。

 

次亜塩素酸水を吹きかけるだけですので、とても簡単に誰でも消毒を行うことが出来ます。

携帯電話端末の消毒

iPhoneやスマートフォンなどの携帯電話端末にも次亜塩素酸水をご利用いただくことが出来ます。

1日の中で、iPhoneやスマートフォンを触っている時間が1番多い方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、iPhoneやスマートフォンには細菌がたくさんついています。

次亜塩素酸水は高い殺菌力があり安全性も高いので、iPhoneやスマートフォンにご利用いただくことが出来ます。

よく触れるものだからこそしっかり消毒を行いましょう。

赤ちゃんにも使える

次亜塩素酸水は哺乳瓶の消毒液としても利用されるほど高い安全性を示しています。

そのため、赤ちゃんの手などの消毒にも次亜塩素酸水を利用することが出来ます。

また、赤ちゃんが生活するスペースは清潔にしておきたいものですよね?

次亜塩素酸水で赤ちゃんが生活するスペースをしっかり消毒して清潔にしてあげると良いでしょう。

予防とは未来を守ること

新型コロナウィルスの流行により、世界中でたくさんの死者が出ています。

新型コロナウィルスを予防するということは自分の未来を守ることに繋がります。

自分の未来とは、自分の家族や友人や知人なども含めた未来のことです。

 

1人が1人が新型コロナウィルスへの対策をしっかり行うことで、この新型コロナウィルスの流行を止めることが出来ます。

誰もなにもしなければ、新型コロナウィルスがどんどん広まっていくだけです。

 

自分の未来を守るために、まずは自分が出来ることをしっかり行っていきましょう。

新型コロナウィルスの予防策を取ることで、多くの人の命が助かるかもしれません。

まとめ

新型コロナウィルスへの対策、予防策として次亜塩素酸水を活用することをおすすめさせていただきます。

次亜塩素酸水は、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒液として利用されていたり、保育園や幼稚園、介護施設などでウィルス抑止のために利用されています。

 

次亜塩素酸水は安全性が高く、他の消毒液よりも殺菌効果があります。

 

実際にあらゆる自治体が、市民に向けて、次亜塩素酸水を配布している事実があります。

自治体も注目するほど、新型コロナウィルスに対しての予防効果があるとされています。

 

次亜塩素酸水の活用方法、利用方法はとても簡単です。

シュッと吹きかけるだけですので、誰でも簡単に次亜塩素酸水で身の回りのものを消毒することが出来ます。

 

予防を行うことは、自分や自分の家族、友人や知人の未来を守ることに繋がっていきます。

次亜塩素酸水での消毒は誰でも簡単に行える未来を守るための対策です。

 

新型コロナウィルスへの対策に、次亜塩素酸水を是非ご活用してみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。